調味料を変えるのは大事

ガンになると食事を見直す、というのは誰もがたどる道のようですね。
ガンから生還した人の本を読んでも、食事は大事だというのは共通しています。

食事プラスサプリとか、民間療法とか、スピリチュアルなことを行っている人が多いみたいですね。

いずれにしても食事は最重要と言ってもいいのではないかと思います。体は食事から出来ている、と言いますが、今更ながら納得です^^

うちの母はこれまで健康だったせいか、食べ物にはそれほど気を使っていなかったと思います。
食べたいものを食べるほうで、自然食とか無農薬にはほとんど関心を示しませんでした。

60歳70歳になっても肉はバリバリ食べるし、スイーツなどの甘いものも食べていました(´・_・`)
血圧が高かったので塩辛いものだけは避けていましたが・・・

そして、薬が大好きで、血圧などの何種類も飲んでいたみたいですね・・・。

元々が頑丈だったから薬を飲んでも体に悪いものを食べても比較的大丈夫だったのかも。

70代で白内障の手術をしたのですが、それが初めての入院でした(^-^)

そのあとに卵巣嚢腫で卵巣を摘出しましたが、そこにこれまでの蓄積が出たのかな、とも思います。で悪いものを持って行ってくれてれば良いのですが・・・。

でも、これまでの食べ物が蓄積していることは確かだと思うので、今からでも食べ物は変えていかないといけませんね!

まず調味料を変えよ

食べ物って毎日のことだから、すべてを体にいいものにしようと思うと大変です。
なので、まず調味料からと聞いたのでそれを実践してもらっています^^

油、塩、みりん、酢、しょうゆ、だしなどは毎日使うと言ってもいいので自然食ショップなどで購入するようにしています。

■ 塩は精製されていない、海塩みたいなものを

■ しょうゆは原材料をチェックして選ぶ

■ みりんやお酢も同様に原材料をチェック

■ 砂糖は使わない、甜菜糖やはちみつで

■ 油は生ならオメガ3系、加熱するなら米油などで

これは私がやっていること(母に勧めていること)で、人によっては違う基準ということもあるでしょうね。

何しろ、最近自然食を始めたので、まだまだ知識が足りません。

ガンの人に油は避けたほうがいいのかと思っていましたが、オメガ3系のエゴマ油などは、生で少し飲む人もいますよね。

お医者さんから特に油を止められているとか、そういうことはないので少しならいいかな、と思っています。

でも、入院していた時の食事をみましたが、ちょっとビックリでしたよ。
お砂糖たっぷりのゼリーなどが毎食出るんですね!
お砂糖はガンの餌だというのに、毎食何か出るというのは信じられないような・・・

病院食だからといってガンにいい食事を出すというわけではないんですね。

そういうのを見ていて、早く退院して体にいいものを食べさせてやりたいな、と思っていました。

でも、実際に退院してくると私が毎日通って食事を作れるわけではないので、思ったようにいかないこともあります。

まだ野菜ジュースも毎日飲んでいないようだし、病人用のお弁当を配達してもらって食べることも多いみたいです(>_<)

病人食の内容は詳しく知りませんが、そこまで素材を吟味しているかというと・・・

最近腫瘍マーカーも上がっているので、そろそろ私が実家に詰めて食事を作ってあげないといけないかな、と思う今日このごろです。

●楽天でも買えます⇒★無添加調味料★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です