医療大麻の話とか

最近、医療大麻のことが話題になっていますね。 アメリカでは大麻の効能を認めたとか。

大麻がガンに効果があるということが認められて治療に取り入れられると、困るのは病院とか製薬会社とか国でしょう。 ガンビジネスを行っている人にとって安い特効薬など敵ですからね・・・。

副作用や価格については知りませんが、抗がん剤よりはいいのでしょう。

抗癌剤は毒薬みたいなものらしいので、副作用が出ないわけがないですよね。

今は副作用の弱いものもあるといわれていますが、使いたくないですねぇ。

私がガンになったら手術はするかもしれないけど、抗がん剤や放射線治療は受けたくないと思います。

いざガンになってから調べるのでは遅いので、今から色いろ勉強しておこうと思っていますが。 医療大麻は効き目も早いらしく、がんのグレードにもよるのでしょうが私は興味があります。

日本で使えるようになるのはいつのことなんだろう。 もし日本で使えるメドが立たなければ、海外に行っても治療を受けたいですよね。

これからは、病院に行って医者の言う通り受身の治療をするのは時代遅れになるのかもしれないなぁと思います。 自分の健康は自分で守る、そのために勉強して自分に合うものを自分で選ぶのが大事かな、と。

情報はあふれているので、素人にはどれが正しいのかわかりません。

だから、自己責任で、これ、と思うものを選ぶその直観力も養わないといけないですね。

アメリカなどではガンで死亡する人口が減少しているそうですが、民間療法や抗がん剤を使わない治療法を選ぶ人が増えているということなのだと思います。

今ガンで死亡する人口が増えているのは日本など少数の国だそうです。

相変わらずの抗癌剤、放射線治療。コワいものがありますね。

今は昔ほどガンが怖い病気で死病というイメージはなくなりましたが、もっともっと治る病気、自分で治せる病気という認識に変わっていけばいいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です