マクロビに凝りすぎない

正直、マクロビがどうなのかわかりません。
玄米がいい、豆や海藻がいいというのは疑いないことですけどね。

でも、肉とか魚も完全に抜かなきゃいけないのかどうかはちょっとわからないなぁ。
ガンのための食事でも、肉をひとかけらも食べないようにするというメソッドばかりではないですよね。
また、バターや乳製品もマクロビではダメと言われるけど、そういうものを取り入れた食事療法もある。

マクロビはいいと言われるけど、欠点もあるんだよ、という話を聞いたこともあります。
私も一時マクロビに凝りましたが、痩せすぎた、ということがあります。
まぁ健康的に痩せたから問題ないと言えばなかったんですが、3か月くらい油や肉、砂糖やお菓子などを完全に抜いたので急激に痩せました。

そしたら、おなかとか太ももの肉が余ってしわしわになりました(>_<) そんなに痩せたのに体調は悪くならなかったので、それはそれでよかったのかなぁ。 ただ、マクロビをやっている人、特にマクロビを実践した大家のような人で長生きしていない人もいるんですね。 創始者の大沢氏(桜沢恕一氏)などもそれほど長生きじゃなかったとか。 食事の事って調べれば調べるほどわからなくなることがあるので、早く自分に合ったものを見つけてそれを信じてやること、あまりいろんな情報を入れ過ぎないことも大事かな、と思います。 ただ、マクロビでも推奨されている豆とか玄米、海藻、ゴマなどはとてもいいのでどんどん取り入れています。 これはマクロビに限らず食事療法でもいいとされていますよね。 マクロビでうまくいく人はそれでいいし、ちょっと体に合わないなという場合はアレンジしてもいいと思います。 実際おなかの弱い人は玄米が消化しきれないということもあるそうで。 そういう人が無理やり玄米を食べたらよくないですよね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です