体調が悪くて入院

しばらく家にいた母ですが、どうも食べると下痢するなど体調すぐれず・・・
この間お見舞いに行ったら、かなり弱っている様子でした。

ともかく、歩くのがツライ、立っているのがツライ、という感じ。
手術前はゆっくりだけど、ちゃんと歩いていたんですけどね。

最近は、椅子から立ち上がるまでに20分かかる、って言ってました。

「立つぞ、立つぞ」
と言って立とうとするんですが、なかなか立ち上がれない。。

家の中では杖を使わずに、時々壁伝いみたいにして歩いてます。
一人で歩けないわけじゃないんですけどね、かなりよろよろしてます。

やっぱり手術すると体が弱るなぁ、という感じですね。

少し前に胆汁を流すステントを入れようとしたんですが入らず、それも断念しました。

抗癌剤もやっていないし、そこまで体が弱るのは何故なのか、と思いましたが。

まぁ、加齢もあるんでしょう。
腎臓や肝臓の数値も徐々に悪くなってきているようです。

昨日、診察に行って、そのまま入院ということになりました。

何か悪いことが見つかったというわけじゃなく、栄養も摂れていないことや下痢の原因も検査するということで。
どこかが炎症を起こしているのかもしれないですね。

ただ、個室に入ったら気分が落ち着いたらしく、翌朝の食事はたくさん食べたそうです(^^♪
前は大部屋だったんですが、部屋は暗いし、人がいるのが気になるみたいで。
中には、カーテンから覗きこむ人もいるそうで、そういうのも嫌だったみたいです。

今回は大部屋があいていなくて個室にしたんですが、部屋は明るくてきれいなのでね。
やっぱり環境の力も大きいと思います。

家では下痢をするんじゃないかと思って食べられなかったそうですが、安心して食べて下痢も起こしていないみたいです。

普段、日中一人でいるので、気分も滅入るんだろうなぁ。
姉の話によると、家ではしょぼん、としているそうです。

こういう時、家族がまわりにいれば気も紛れるんだろうけど。

そして、夜中は1~2時間おきにトイレに起きるそうな。
寝不足になるから、昼間はほとんど寝ているそうです。
日中はトイレもあまり行かないそうなんですけどね。

1週間ほど入院して検査などしてくる予定です。
あまり体に負担になる検査とか治療はしてほしくないんですけどね・・・。

これからもう少し食事や民間療法をしっかりやっていきたいと思ってます。

体を温めることが大事なので、岩盤浴とか温熱治療ができればいいな、とか、サプリや水素水などの導入も。
そして、お砂糖を極力減らすことですねぇ。

今はプリンやゼリーなどもけっこう食べてるみたいだし。
紅茶に砂糖を入れてるとか、とんでもないなぁと思います。

年取るまで元気な人だったから、食べ物にも気を使わないし知識もあまりないんですね。

でも、こうして徐々に弱っていくのは看病している方からすると悪いことじゃありません。
少しずつ衰えていって最後に呼吸を止めるのは自然なことだと思うし。
いきなり悪化して、というのはこちらも心の準備ができてないし。

ただ、もう少し元気でいてほしいと思います。
ちゃんと歩けるようになって、食事もできて、気分よく90歳くらいまでは生きてほしいなぁ。

★ランキング参加中です★
にほんブログ村 病気ブログ 胆管がんへ  にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です