ネフローゼ症候群や貧血

徐々に弱ってきている母です。
昨日病院に行ったところ、ネフローゼ症候群と言われたそうです。
たんぱく質が体に取り込めないそうで、体内に入ってもすぐ流れていってしまうんですね。

あとは貧血も進んでいるので、ふらふらして歩くのがアブナイ(´;ω;`)
なので、家ではほとんど寝ていて、病院では車いす、家との往復はタクシーだそうです。

足もむくんでいて靴が入らないとか、もうほんとに満身創痍ですね。

頭はボケていないのですが・・・

もう、迷惑かけるならこの辺でいい、みたいなことも言っているそうです。
気力が失われると寿命も短くなりますよね。

何か楽しみがあればもう少し頑張れるかなと思うのですが。

食欲もないので食べる楽しみもあまりないし。
この間、ステーキの写真を見せたら「美味しそうね、これなら食べたい」と言ってました。
実際食べられるかどうかはわかりませんが、今度持っていこうかと思ってます。

もう、肉が悪いとかそういうことより、食べたいものを食べさせ、やりたいことをさせてあげるのがいいかな、と。

昨日はヘルパーさんが来て入浴させてもらう予定だったのですが、体調が悪いので足湯だけにしたり、シャンプーは取りやめにしたりしました。

手術後は弱りましたが、それでも今よりは元気だったと思います。
なんだかここへきて急に衰えた感じですね。

88歳、ここからまた復活するのは難しいのかなぁ・・・

昨日は旦那の母親から電話があって、今度顔見せに来て、ということなのでそちらもいかないとね。。
義母は一人暮らしで、なんでも一人でやっています。御年89歳ですけどねぇ。
ゆっくりだけど一人で病院に行ったり買い物にも行くそうで。
ごはんも自分で作っているんですよね。すごいと思います。

義母の方は子供が二人とも男なので、そんなにつきっきりで面倒を見ることもできません。
私も時々行くくらいであまり役に立ってないし。

昔は、親の面倒を見るって大変だろうな、とぼんやり考えていましたが、これでは見ているなんて言えませんね。
このままあの世に行かれては後悔するかもしれない。
もう少し頻繁に行ってあげないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です