お見舞いに行ってきました。

先週の土曜日(5/14)にお見舞いに行きました。

今回は手作りのリンゴゼリーとみかんゼリー持参で♪

保冷剤を入れて保冷袋に持っていったら冷たいまま食べられました。

病院の食事は毎回あまり変わり映えしません。

これでは飽きてしまうかな~と思います。

ただ、お肉も(食べられないけど)野菜もすごく柔らかく煮てあるので、これは助かります。

 

最近、食欲はわりとあるようで(と言っても去年に比べたらかなり落ちていますが)、おかゆや好きなものは完食することもあります。

ただ、寝ている時間がだんだん増えてきましたね・・・。もう体力が限界に来ているんでしょうか。

 

目を覚ますと話はします。

「今日はね、車いすに乗ったの」と言うので、へぇ、どこに行ったの?と聞いたら

「うーん、どこかな、外の見えるところ」

と答えました

 

ベッドで起き上がるのも大変そうなのに、車いす?と思いました。

 

あとで看護師さんに聞いてみたら、一日ベッドにいました、車いすには乗ってません、とのこと・・・

 

夢を見たか、願望か。

 

確かに廊下に面した病室はお天気もわからないし、雰囲気も暗い感じです。

きっと潜在意識で外に出て空気を吸ったり、空が見たいのではないかなぁ。

 

もしかしたらせん妄なのかもしれないけど。

でも、死期が迫ってきたらあまりリアルに自分の命と対峙するより、少しぼんやりしてきた方が幸せかもしれないですね。

死ぬことはそれほど恐れていないみたいですけど、それにしてもふわ~っとしたまま徐々に意識が薄れていけば幸せじゃないかと思います。

 

この数日は大きな変化もなく、無事に過ごしています。

足のむくみが少しひどくなったのですが、薬でそれも改善されたようです。

 

無理かなと思いますが、車いすに乗れるようになって、トイレも自力でできるようになれば、家での介護もかなり楽だし、母自身も外に出られて楽しいんじゃないかと思います。

 

ただ、足もかなり細くなってしまって、筋力がないので、自力で立つというのはもう無理なのかなぁ。。

 

今週も週日に一日、週末に一日行って来ようと思っています。

週に2回、1時間半かけていくだけでもけっこう体力使いますね~。

・・・なんて、介護をしている人はもっと大変な人が多いと思いますが。

 

今週、医師とも話をして、いよいよホスピスに向けて動いていくことになります。

本人も○○病院(ホスピス)、お願いね、と言っているので、スムーズにいくとは思いますが。

ただ、ホスピスの空きがいつ出るか、それは成り行き任せになります。

明るくて清潔で、ドクターや看護師さんの評判もいいので、早くこの暗い病室から出してあげたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です