副作用のない抗癌剤、これがほんとなら使いたい方も多いのでは?

抗癌剤の副作用は周知の事実ですね。
うちの母も、1回だけ、すごく弱い(と言われた)抗癌剤を試しましたが、下痢がひどくてすぐに止めました。

西洋医学治療を受ける場合、抗がん剤、手術、放射線治療ということになります。
でも、抗がん剤の副作用で亡くなると言われるほど抗癌剤の苦痛は強いものですね。

抗癌剤はイヤだけど、何もしないのも不安。
代替療法もあるけど、やはり心もとない。そもそも治療じゃないし・・・

私ももしガンになったら、とシミュレーションしてみると、
全く無治療で行くかどうかは判断に迷います。

すでに人生の峠は越したので、もし今病に倒れたら必死になって治すより
苦痛がなくゆっくり最期に向かっていきたいと思うようになりました。

でも、ガンにむしばまれて衰弱して死んで行くのもすぐには受け入れられない。
そんな時に副作用のない抗癌剤、しかも効果が高いものがあればうれしいですよね。

私も不勉強で「そんな都合のいいものあるわけない」と思っていましたが、
あるところで本を紹介されて興味を持ちました。

がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生

詳しくは私も読んでいないからわからないのですが、
読んでみようかな、と思います。

まぁ・・・本の帯や広告は誇大な、耳触りのいいものも多く、
実践しようとすると難しかったり適応外と言われてしまったりと
壁は高いかもしれません。

食事療法の本もありますが、私の知人がガンになり、
その本の著者を訪ねて行ったところ、
「食事だけでガンを治すのは無理だよ」と言われたそうです。

本のタイトルには「ガンが消える」みたいなことが書いてあるのですが・・・
やはり本は売るためのタイトルということなんでしょうね。

抗癌剤が全盛な今に一石を投じる意味はあるのかな、と。

私は、抗がん剤や手術絶対反対でもなく、
代替医療否定派でもなく。

どちらのいいところも取り入れて、自分で判断したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です