無治療を選ぶ年齢は?

ガンの場合、治療するかしないか考えるものです。 もちろん、初期とか、年齢が若いとかであれば、できるだけ治療するでしょう。 私も40歳くらいだったら、迷うことなく治療を選ぶと思います。 でも、高年齢の場合、治療は体に負担をかけますね。 そして、進行もゆっくりの場合もあります。 手術や抗がん剤をして体に受けるダメージと、ガンが進行して体を蝕む速度、そういうものを睨みながら治療を選ぶ必要があると思います。 もちろん、90歳でも手術する方もいるので、選ぶのは本人だし、考え方は自由だと思います。 ただ、色々な方を見ていると、ガンの治療を受けて苦しむだけ苦しんで、良くならずに亡くなっていく方も多いですね。 そういう場合、もし無治療だったら(痛みのケアは別にして)、同じくらいの期間をもっと楽に過ごせたのではないかと思う事もあります。 数か月寿命が伸びるだけなら、私としては楽に最期を送りたいなと思います。 もし、ステージが3とか4だったら、余命宣告をされてしまったなら、私は無治療を選びたいです。 いくつくらいから無治療を選ぶか、それは人それぞれですが、私は70歳ちかくなったら確実に無治療を選びたいですね。 ココナツオイルが口臭予防にいいとか