弱い抗癌剤の話

がん治療ってほんとに情報が多くてどれを選ぶか迷いますね。
私も母の治療法や、将来自分がガンになったときを考えて、色々調べましたよ。

これまで、抗がん剤はやりたくない、やらない、と思っていたけど、最近少し考えが変わってきました。

抗癌剤をやりたくないと考える人の中には、あの有名な医師に影響されている人も多いでしょう。
また、自然療法に惹かれている人も多いでしょう。

でも、自然療法をやったからと言って治ると決まったわけじゃないです。
やってダメだったという人もとても多いですよね。
有名人にもいるし、私のまわりにもいます。

思うに、極端に走るというのが問題ではないかと。

また、これさえやれば大丈夫、という他者依存も問題じゃないかと思うのです。

きっと、治る理由ってそういうことじゃなく、別にあると思うんですね。

と、話がずれたので戻すと・・・

今は弱い抗癌剤もあるそうで、通常の抗癌剤の10分の1くらいの量で処方できるそうです。

ガンは、固い殻に閉じこもった状態で、その殻をくずすくらいの力は持っているそうです。
そして、その殻を破って薬を投入するというイメージだとか。

自然療法、無治療などは、この硬い殻を壊すこともできないので、ガンもなくならない。
もちろん、抗がん剤は毒なので(薬全般そうですよね)、正常な細胞も壊してしまいます。

でも、弱いものなら正常な細胞にそれほど影響を与えないで、ガンを変化させることもできるそうな。

実際、弱い抗癌剤で効果が出ている例もあるそうです。

まぁ、その人の状態によって効果の出方は違うのでしょうけど。

神奈川の病院で腫瘍内科医が弱い抗癌剤を使った治療をしているところがあり、そこは緩和医療も同時に受けられるそうです。

効果があるときには抗癌剤を使って、副作用も同時にケアしてくれる。
これは私の理想とするところです。

抗癌剤や手術をしないなら退院してくれ、と言う病院が多い中、少し自由度が高いのかなと思います。
また、ドクターも人間的に優秀だそうです。

抗癌剤もこれからもっと進歩していくのではないでしょうか。
副作用のない抗癌剤ができたらスゴイことですよね。

今は治療法もほんとにたくさんあって、日帰りでできるがん手術や、がん細胞が散らばらないようにする療法などもあるとききました。

そういう情報もキャッチして、絶対に手術しない、治療しない、と言う考えに閉じこもらないほうがいいのかなと思うこの頃です。

頭皮を清潔に、血行を良くすることが薄毛改善には大事です