ガンの人が飲む水、温泉水の「月のしずく」を買ってみる

ガンになると、化学療法以外に食べ物やサプリを探す人が多いですね。

中でも、水は副作用もないし、自然のものなので人気が高いです。

和歌山の「ゆの里」というところで採取できる「金水」「銀水」「銅水」も
有名な良い水です。

ガンで動けなかった人が歩いた、というのは知人の身内に起きた出来事です。
車いすにも乗れなかったのに、「月のしずく」を飲んだら体も楽になって
電車に乗れるまでになったそうです。

結果亡くなりましたが、とても穏やかだったそうです。

重病じゃなくても、肌のトラブル、アトピーなどにもいいとか。
アトピーの方は「湯の里」の温泉に浸かると更にいいみたいですね。

婦人病の方もこの水を飲んでいるおかげで数値が安定しているとか、
腫瘍が小さくなったという話など、ほんとにたくさんの奇跡の物語があります。

また、この水を部屋に置いておくだけで不思議な事が起こるんですよ。

東日本大震災の時に、この水を置いてある部屋は何も倒れてこなかったそうです。
マンションに住んでいて、隣の家はぐちゃぐちゃになってしまったそうですが、
その人の家は何も倒れてこなくて不思議だったそうです。

なにやら、神棚みたいなパワーがあるんですねー。

無菌でありえないようなパワーのある「月のしずく」は
海外からも研究者が訪れて、検証しているそうです。

科学的にもその素晴らしさは認められていて、
水の100選、などにも選ばれているので安心して飲めます。

水ですからね、お子さんもお年寄りも大丈夫。
毎日少量でも飲み続けると、体がかわってくるそうです。

2Lで800円と、少し高いですが、防災グッズとして使え、
いざとなったら飲めばいいです。

そう考えると決して高くないかなと。

「ゆの里」で水が湧いたのも奇跡的だそうで、
ここの土地からは水が湧くはずがなかったんだとか。

それを、啓示みたいなのを受けて掘削したんでしょうかね。
偶然に偶然が重なって、水が湧き出たそうです^^

月のしずくの使い方は色々で、
・普通に飲む
・ご飯を炊くときに少し入れる
・サラダや食べ物にスプレーする
・犬や猫の皮膚にスプレーして、皮膚病を改善
・花にあげて長持ちさせる

もう、ほんとになんでも使えちゃいますよ~。
洗顔後はしっかり保湿することが乾燥を防ぎます