痛みを取ってあげたい、苦しませたくない、そのために

ガンはその痛みが一番大きな問題かな、と思います。
あとは、息苦しさ、これは薬では取り除けないものだそうです。

苦しい、これがなければ、かなりQOLの高い闘病生活を送れるのではないかと思います。

私も、母の時に痛みを取ることだけを考えていました。
薬で取れるならそれもよし、何かヒーリングで取れるならそれでもいい、と。

もちろん、食べもので改善できればいいけど、すぐにと言うわけにはいきませんからね。。

私は、高次元か何かのヒーリングというのを受けさせてあげました。
そのおかげかわかりませんが、母の場合強い痛みはありませんでした。

もう高齢なので、痛みを感じる神経も弱っていたのかもしれませんが。

ガンと言っても、抗がん剤は1回やって合わないのでやめたので、ほとんど手術のみと言っても良いと思います。
ガンが増殖するスピードより、腎臓が悪くネフローゼが悪化するスピードの方が速かったのではないかと思います。

他にも、全身が弱ってきて、筋力もなくなって歩くのも大変になっていました。
だから、全身衰弱で死んだ(中でも腎臓が悪くなって)と言ってもいいんじゃないかと。

死因は「がん」となっていましたけどね。

ガンの痛みが始まる前に体力がなくなって死んでしまったのかもしれません。

だから、ガンの痛みを感じずに済んだのかも。
それに、ガンの末期ではなかったのでね、まだ痛みが出現しなかったのもあるでしょう。

「痛い」という事もありましたが、それでもそんなに耐えられないものではないようでした。
七転八倒するとか(そもそもそんな体力なかったかも)、泣き叫ぶということはなく、か弱い声で「いた~い」とたまに言うだけでしたね。

ヒーリングにもいろいろありますが、効けばなんでもいいと思ってます。

高次元の光とか、宇宙の波動とか、気功エネルギーとか、レイキとか、それこをいろいろあります。

モノによってはものすごく高いお金がかかるものもありますが、そこまで高い必要はないと思ってます。

高いから効くのかというとそんなことはなく。 数千円から1万円くらいで充分いいものがあると思いますよ。

ほんと、こういうのがもっと安くなればいいんですけどね。
でも、資格というか、使えるようになるには講座みたいなのを受ける必要があって、それが数万から数十万するみたいです。

だから、人に流す時も1万とか2万とか、場合によってはそれ以上するんですね。

ほんとは、人間には誰でもエネルギーを使えるはずで、それを忘れているだけだそうで、これには納得しました。

私もそういうのを習ったことがありますが、高いお金をかける必要はないなと思うようになりました。
一生懸命練習すれば、誰にでもエネルギーって使えるんですね。
これからは、もっとこういうオカルト系も理解されて、しかも安くなると思ってます。

もし、ガンに痛みがなかったら、もっと安らかに最期を迎えられますね。
ガンに対する恐怖もなくなると思います。 ガンは死亡率が高いということで怖れられることもありますが、痛みに対する恐怖もありますよね。

今はガンでも治る人も増えているし、ガン=死、では必ずしもありません。

それよりも、最後にあの痛みが襲ってくると思う方がコワいかもしれません。
もう治らないとわかったら、私ならヒーリングの他に、早く鎮静剤を使ってほしいと思います。

意識があるのに動けなくて痛い、というのはたまらないと思います。
具合が悪い時は「痛い」と言葉を発するだけでもものすごいエネルギーがいります。

痛い、のひと言がやっと、と言う感じなんですね。
とても会話してなんていうところまではいきません。
その状態で生かされるのは私だったら耐えられないし、家族にもそういう思いはさせたくないと思ってます。

お勧めの女性用育毛剤を教えてください