ガンが治る人と治らない人

ステージやガンの顔つきによってもガンの治癒率っていうのは違いますよね。

でも初期のガンでも再発して亡くなったりする人もいます。 逆にステージ4でも生還する人もいます。

何とか療法がいいと言って試しても、治る人と治らない人が出てきますね。

抗癌剤が悪いと言っても、それで助かる人もいる。 若い人のガンは進行が早くて致死率も高いと思っていたら 20代で罹患いて生還する人もいます。

私の少ない経験ですが、ガンが治るか治らないかって わからない、と思いました。 変な言い方ですが、ガンを治そうとすると治らない、 そこから視点をずらすことも一つのポイントかなと思ったりします。

実際、ガンになって最初は治そうと一生懸命になったけど、 色々な療法をやったり死を見つめて自分と向かい合ううちに 治ることから少し離れて、悟りみたいなのを得る人がいますね。

徹底的に自分と向かい合って、何かに気づく。 そういう過程を経てガンが治癒したという人もいます。

なんだかオカルトみたいですけどね。

でも、寿命というのもあると思うんですね。 うちの母は、ガンが治らなかったとも言えますが、 寿命が来ていたので治らないようになっていたという気もします。

もしガンが消えても、他の臓器がボロボロになっていたので やはり死は避けられません。

結果的にガンで亡くなりましたが、それは寿命が来たので 出てきたのかなぁと思ったり。

ガンって、食事を変えただけ、抗がん剤を拒否しただけ、 放置しただけで治るようなものじゃないんですね。

それで治るならもっと生還している人が多いはずです。 そして、治ることだけにターゲットを絞っていると 何かを見逃してしまうような気もします。

でも、実際にガンになってみたらそんなこと言ってられないと思います。

私だってガンの宣告をされたら必死に治そうとするだろうし、 治療法がないと言われたら絶望すると思います。

きっとそこにとどまってしまって、何かに気づくなんてこと とてもじゃないけどできないと思うんですね。

そこを超えて行った人が自然治癒という結果を得られるのかもしれませんが・・・

ともかく、情報を集めていいと言われることをやって、 化学療法も取り入れて、できる限りの事をやった人が むなしく亡くなっていくのはたまらないものがありますね。

 

 

 

ノンシリコンシャンプー、使ってみてランキングで紹介